◆1級電気工事施工管理技士とは!


近年の電気設備工事の施工技術の高度化、専門化、多様化が一段と進展するおり、電気工事の適性かつ円滑な施工を行なう施工管理技術者の技術向上を図ることを目的として国土交通大臣が建設業法第27条の2に基ずいて行なう技術検定試験です。
この試験に合格すると所定の手続きによって国土交通大臣から『1級電気工事施工管理技士』の称号が与えられます。


■資格におけるメリット

  • 『1級電気工事施工管理技士』は、建設業法における営業所ごとに置く電気工事業の一般建設業・特定建設業の許可基準のひとつである専任の技術者および工事現場ごとに置く管理技術者、主任技術者として認められます。
  • 経営事項審査の技術力評価において『1級電気工事施工管理技士』は高い点数がカウントされ企業評価の向上につながります。
  • 現場の施工管理業務においても、『1級電気工事施工管理技士』は中心的な役割を占める重要な資格であり、発注者側としても資格取得者を選考し発注することになります。
  • 建設業許可事務のOA化により、施工管理技士(専任の技術者、主任技術者)の重複申請が厳重にチェックされております。また、国や地方公共団体等が発注する公共工事においては、監理技術者は現場ごとに選任され『監理技術者資格証』の携帯が義務付けられております

 


■受検資格

(1)学科試験 下表の区分イ〜ホのいずれか一つに該当する方です。 


学歴又は資格  実務経験年数 
 指定学科  指定学科以外
大学 卒業後3年以上 卒業後4年6月以上
短期大学又は
5年制高等専門学校
卒業後5年以上 卒業後7年6月以上
高等学校 卒業後10年以上※ 卒業後11年6月以上※
その他 15年以上※
2級電気工事施工管理技術検定
合格証明書の交付を受けた者
合格後5年以上※
2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満で右の学歴の者 短期大学又は
5年制高等専門学校
区分イで見てください 卒業後9年以上※
高等学校 卒業後9年以上※ 卒業後10年6月以上※
その他 14年以上※
電気事業法による第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状の交付を受けた者 6年以上
(交付後ではなく通算の実務経験年数です)
電気工事士法による第一種電気工事士免状の交付を受けた者 実務経験年数は問いません

注1. 実務経験年数は、本年度3月末日で計算してください。
注2. 実務経験年数には、「指導監督的実務経験」を1年以上含むことが必要です。
指導監督的実務経験とは、現場主任技術者、工事主任等が代表的な役職であり、部下を指示、指導又は監督し、電気工事の施工管理に従事した経験をいいます。
注3. 指導監督的実務経験として「専任の主任技術者」を1年以上経験した方は、表中印がついている実務経験年数に限り2年短縮が可能です。この場合、提出書類として下記2.[8]の5点が必要です。

(2)実地試験  下記のいずれかに該当する方です。

[1] 本年度学科試験の合格者
[2] 学科試験免除者 [a]昨年度学科試験のみの合格者
[b]技術士法による技術士の第二次試験のうちで技術部門を電気電子部門、建設部門又は総合技術監理部門(選択科目が電気電子部門又は建設部門に係るもの)に合格した者で、なおかつ1級電気工事施工管理技術検定学科試験の受検資格〔上記(1)表〕も併せて有する者

 


詳しくは財団法人建設業振興基金 試験研修本部へ

TEL:03-5473-1581

 

1級電気工事施工管理技士_おすすめ講座
電気ライセンス研究所 提携企業:株式会社資格センター提供

 


TOPへ